logo0120

不況に強い経営 3箇条 サイクルハンターのお知らせ・キャンペーン情報

不況に強い経営 3箇条

本日は、私がサイクルハンターを運営していく上で常にアタマに置いている、「不況に生き抜く経営 3箇条

本日は、私がサイクルハンターを運営していく上で常にアタマに置いている、「不況に生き抜く経営 3箇条」についてお話させていただきます。
1. 不況になってからでは間に合わない
業績が伸び、また消費も堅調な時期にこそリスクに備えておく必要があります。
市場経済のメカニズムでは、好景気の後には必ず不況がきます。永遠に調子が良いということはないのです。
ごく当たり前のことなのですが、我々人間は、真夏日に冬のかじかんだ指先の感覚を思い出せないものです。
複雑な戦略論やファイナンスの理論はもちろん役に立つのかもしれませんが、ビジネスは出るお金より入るお金が多ければ成立します。シンプルなものです。逆にいうと、出るお金を減らし、入るお金を増やせばイイ訳ですね。
不況になると、基本的に入るお金が減るので、出るお金の効率性を高めておけば辻褄が合わせられます。
好況の場合も出るお金の効率性は高ければ高いほどいいのですがら、
業績が伸びている時にこそ費用対効果について十分に検討、改善しておくことが重要です。
さらに、入るお金の減少を最低限にするために、安定的な販売基盤を構築することも大切です。

自転車買取の無料査定フォーム

※電話で査定をお知らせする場合もあります